9月3回企画おすすめします!

cof

“フランスの田舎で作られるパンは今も500年前と同じ製法。

頑固なブーランジェ(パン職人)と優しい母親たちが
自然の恵だけを詰め込んだ素朴なパンを心を込めて焼き続けています。

時間をかけて、手間をかけて、
シンプルだからこそ本当の豊かさがあるのではないでしょうか。

一番大切な事は、昔も今もこれからもずっと変わりません。”【ペイザンHPより】

生協ぷちとまとで取り扱うパンの小麦粉は北海道産『春よ恋』を特別に挽いてもらったものを使用。
昔ながらの変わらない製法に加えて材料にもこだわり!どの材料も素性の分かったものに限定しています。
生協ぷちとまとで取り扱う地元(岐阜)を代表する自慢のパン屋さんです。とてもおいしいのでみなさんどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です