Q.放射性物質は赤ちゃんや子供は特に注意が必要と聞きましたが、なぜですか。

A.
放射線によって、細胞や遺伝子が壊れたり傷ついたりすると、体の組織や臓器の働きが悪くなります。放射線は、新しい細胞をつくるため分裂を繰り返している活発な細胞ほど強く影響を及ぼします。胎児、乳児が最も影響を受けやすく、次いで15歳前後までの子供たちが強く影響を受けるといわれています。妊娠中、乳児、幼児では放射線の影響が大きいので、できるだけ放射性物質の摂取を少なくすることが大切です。

Posted in Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です