Q.飲食での放射性物質の摂取には特に注意が必要と聞きましたが、本当ですか。

A.
健康への被害は体内被曝のほうが強くなります。放射線を浴びることを「被曝」、被曝した放射線の量を「線量」で表します。身体の外側から放射線を浴びることを「対外被曝」と言い、放射線を浴びたその時だけの影響となります。一方、放射性物質を吸い込んだり飲食物などで摂取する「体内被曝」は、体内に放射性物質がとどまっている期間は放射線を浴び続けることになります。

Posted in Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です