宮城県石巻市周辺の被災メーカー見舞

6月8日、9日の日程で、アイチョイスに商品を供給していただいている宮城県石巻市周辺のメーカーへ岡田商品課長が視察・見舞に行ってきました。
まず、大進食品帳合いの高橋徳治商店、宮鰹、遠藤商店の方に状況を確認。いまだ工場の清掃作業が終わっておらず再開の目途もたっていないとのこと。国の復興政策の遅れも状況を悪化させている原因とのことでした。その後塩竈市へ移動し、全漁連塩釜工場、東北トクスイの2工場へ。周辺の地盤沈下や機械の損傷はあったものの現在は2工場とも業務を再開。地域活性のためにもぜひ頑張っていただきたいと伝え、支援を約束しました。翌日、石巻市のオーシャンネット(布施商店)へ。工場は1階が全壊、地盤沈下もあり復旧にはかなりの時間がかかるとのこと。最後に訪れたまるたか水産は、津波被害はないものの地盤沈下が激しく、満潮時には工場が冠水する状態。湾にある種牡蠣は無事でしたが、水質汚染が心配で、現在検査をしながら様子を見ているとのことでした。
各メーカーへは、組合員の皆様からお預かりしている義援金をお渡ししました。引き続きメーカーと情報交換をしながら、継続支援を行っていきます。
今回訪問したメーカー:大進食品(高橋徳治商店、宮鰹、遠藤商店)、全漁連(塩釜工場)、トクスイコーポレーション(東北トクスイ)、オーシャンネット(布施商店)、まるたか水産
全漁連.JPGオーシャンネット布施商店.JPG