あいち生活協同組合

NEWS新着情報

  • カレッジ第2回「子どもに食べさせたくない食品添加物」を開催しました。

    2021年5月5日

    生協の取り組み - よろこびの森カレッジ

    4月24日(土)に

    「子どもに食べさせたくない食品添加物」講演会開催しました。

    同企画は2018年より名古屋・豊橋・浜松など各所で開催し、

    毎回、大変好評を博しておりますわーい (嬉しい顔)

     

    今回は、昨年からアイチョイスの配達エリアになった

    岡崎市での初開催double exclamation

     

    講師はあいち生協の機関紙「歓びの木」のコラムでも

    おなじみの天笠啓祐先生。

    先生は日本消費者連盟顧問であり、

    食の安全や遺伝子組み換え食品に精通する

    フリー・ジャーナリストです。

     

    当日は16名の組合員さんにご参加いただきました。

     

    やさしい口調で、ユーモアも交えながら

    食品添加物ついて多岐に渡って教えていただきました。

    ・食品添加物の歴史

    ・食品添加物は必要か? 安全か?

    ・食品添加物をめぐる状況

    ・食品表示から食品添加物を見る

    ・物質名表示ではないため分かり難い事例

    ・避けたほうがよい食品添加物

    ・子どもにとって(家族にとって)大事なこと

    などなど。

     

    アンケートでは以下のような感想が寄せられています。

    ・何となく、体に良くないんだろうなぁとは思っていたが、
     先生のお話を聞いたことで、具体的に何がいけないのか、
    気を付けなくてはいけないのかが分かりました。

    ・避けた方がよい食品添加物を知る事ができて勉強になりました。
    今後、体内に取り入れる物は注意して選び、
    より良い食材を購入するようにしたいと思いました。

    ・食品添加物について、大きく体系的に学ぶことができました。
    何度でも(同じ内容でも)聞きたいです。

    ・たくさんのお話を聞くことができて、とても有意義な時間でした。
    時間もあっという間に経っていました。
    また機会があれば参加したいと思いました。

     

    私たちの生活には、

    毎日3回、食品を選択するチャンスがありますdouble exclamation

    「企業や生産者は消費者が望むもの(=売れるもの)を作る」

    ということを考えると、

    私たちの行動しだいで世の中の食環境レストランは変化していくということひらめき

    子どもたちの未来に安心・安全な食を繋ぐためにも、

    各人がより良い選択を続けていくことが大切だと改めて感じました。

     

    天笠先生による同テーマの講演会は、

      7月31日(土)に浜松エリア、

    11月13日(土)に名古屋エリでも開催予定ですわーい (嬉しい顔)

    ぜひ一度はご参加いただき、日々の食生活に役立てていただきたいです。

    皆さんのご参加を心よりお待ちしておりますハートたち (複数ハート)

     

月別アーカイブ

2020年1月以前のブログはこちら

PAGE TOP

あいち生活協同組合

笠寺本部
〒457-0041 名古屋市南区薬師通1-14
小牧センター
〒485-0054 小牧市多気西町1
豊川センター
〒442-0005 豊川市本野ケ原一丁目36番地
守山センター
〒463-0067 名古屋市守山区守山3-11-28
楠センター
〒462-0011 名古屋市北区五反田町36
浜松営業所
〒435-0028 浜松市南区飯田町878
岡崎営業所
〒444-3174 岡崎市真伝町字寒風3-1

閉じる